QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ワラビー
ワラビー
四国は徳島県でサバイバルゲームを楽しんでいる元少年です。
根っからの”クルマ好き”ですが、ひょんな事から週末コンバットに目覚めてしまい、そこからは”やや”暴走気味のダメな大人の良い見本です。
楽しいコトが大好きで、メカメカしいモノも大好きな脳内年齢が6歳程度の人間ですので、文面に大変お見苦しい所もあると思いますが、暖かい目で見てやってください。

2015年12月31日

徳島サバコミュ:12/27撃ち納めゲームイベント

 こんにちは!ワラビーです!
久々のブログ更新となってしまいました。。
年末が近づくにつれ仕事が忙しくなったり、イベント前日に体調を崩して参加できなかったりして、
なんやかんやで久ッ々のサバイバルゲームになりました!
今回はTSCの「撃ち納めゲームイベント」に参加してきましたので、ゲームの一幕をご紹介したいと思います!



 今年の冬はホントに暖かい日が多いですね。
そんな余裕をブッこいてると急に冷え込む日が数日続いたりして風邪をひいちゃったりしますけど。
僕は今シーズンなんやかんやでずっと風邪をひき続けてる気がします。。 そんなセンシティブな人種じゃ無いハズなんですけどね。。

ゲームイベント当日も天候に恵まれて、時折冷たい風が吹き抜けるものの日の光がポカポカと暖かかったりして実に良いゲーム日和となりました。
毎年この時期になると下草が枯れて地面がむき出しになっちゃう場所が多いと思うんですが、暖冬の影響でしょうか良い感じに草の勢いが残ってて隠れられるスポットがたくさんありました。


 今回紹介するゲーム内容は”2攻1守戦”です。
ゲームのルールは実にシンプル。 まずは参加者を3チームに分け、1チームがフラッグを守る守備チームになります。
残った2チームはそれぞれ離れた位置からスタートし、守備を固められたフラッグをGetする為に奔走するというものです。
攻撃側の2チームは味方同士って訳じゃないので鉢合わせしてしまうと交戦状態になるんですが、状況によっては共闘する事も可能です。 が、難しいでしょうね。。
でもこういった”駆け引き要素”が若干でも加わる事で、通常フラッグ戦にありがちな”単調なゲーム運びになっちゃうパターン”に陥りにくくなるので重宝します。 ルールがシンプルなのも良いですね。(僕はアホなのでコレはとっても重要)
※詳しいゲーム内容はコチラにも書かれていますので、お暇があれば覗いてみてください。


さてさてゲームが始まります。
今回は赤チーム、黄チームが攻撃側のチームになります。
ゲーム時間は20分ですが、それぞれが陣地に着いて約5分程のブリーフィングを行います。
僕はブリーフィングの内容なんて知らないんで、ヤツらがどう動くのか全く分かりません。
が、なにやら突撃系男子が揃っているニホヒがしますので、どぉーせ突進してくるでしょう。


コチラは守備側の無色チームです。
どういった作戦で守りを固めるんでしょうね。
フラッグの位置が視界の利く場所ってのもゲーム運びに影響してきそうです。


こちらは攻撃側の黄チームですね。
慎重派のヤローどもが揃ってるのでフィールドをねぶってねぶって進んで来る事でしょう。
赤チームとの共闘関係を構築する事ができるのか、実に気になる所ですが…


さぁゲームが始まりました!
ゲーム開始早々HIOさんがフラッグから随分と離れた位置まで前進してアンブッシュしています。
フラッグが見通しの良い場所に設置してあるので、チーム全員が四方に散って潜伏しつつ状況を伺う作戦のようです。


守備側のぶんぶん丸くん。
珍しく銃を構えています!
いつも「銃重い」「疲れた」「一回パス」がトレードマークのぶんぶん丸くんが、銃を構えています!
あの「クララが、クララが立った!」ばりに僕は喜んでおります。


ゲーム開始とほぼ同時に赤チームがガンガン前進してきています。
やはり突撃系男子チーム。。 伊達じゃないテイジン…じゃなかった、伊達じゃない突進力を見せます。
ただし最短ルートとは言え、見通しの利くルートでもあるんでココからはジリジリを陣形を固めて進む必要があります。


こちらも最短ルートを進む雑巾部隊ですね… 失礼。
地を這うZooKing(雑巾)の様に着実に前進します。
※今うまい感じの事言いましたよね?ね?


状況を察知してHIOさんからラジオで情報を伝達します。
こういう連携ってホントに重要ですよね。 見ててもカッコイイです。
僕もラジオは装備してますが、結局使いこなせてなくって飾りになってる事が多いです。。。

が、HIOさんが状況報告しているというのはフェイクだ!
きっと「今日は外で食べて帰るからメシは無しで良いよ」って電話してるか、「あぁ母さん?オレオレ。今事故に会ってお金が必要なんだ。振り込んでくれる?」って電話してるに違いない。 ああ、間違いない。
※ウソです。 ごめんなさい。


もぅ、こぉーなってしまうと交戦しかありません。
ミナゴロシばりに撃ち込むズッキーさん!
っつか、射撃姿勢が美しいですな。


一方こちらは二手に分かれた赤チームのマストさんですね。
雑巾部隊とは別ルートで木々の生い茂るエリアを慎重に進みます。
んにしてもマルチカムのガチ装備がカッコイイですね。 僕はマルチカムが迷彩の中では好きなんですよ。
なんつーか、”柄”としてカワイくないですかい?? (え?不純な動機じゃダメですかい?)
いつも結構気合いの入った装備で参加してくれるんで、今度スナップを撮らせてもらおーーっと。


そういやゲーム中の写真を撮るのって意外と大変なんですよね。
それぞれの作戦なんて分からないですから、ウォーリーを探す様にフィールド内を血眼になって被写体を探す事になります。
おかげで少しは索敵能力が上がったかもしれませんね。
隠れるのが恐ろしく下手なのは変わりありませんが。。。
ゲームエリアが広くなると自分の運動量で補う必要も出てきます。
ゲーム進行の妨げにならないように配慮しつつ自分の存在をアピールしとかないといけないので、運動量は意外とゲーム参加者よりも多くなります。
足の筋肉がムキムキPump Up!します。。


そうそう。
出会いがしらにハッ!ってなることが良くあります。
そりゃーフィールドにカメラ持ってるヤツが居たら邪魔でしゃーないでしょうが、TSCメンバーの理解もあって写真が撮れるのです。
ありがたやありがたや。
撮影中、未だにHITをもらった直後に「ごめーーん。撃ってもうたーー」と暖かいお言葉を頂戴致します。
が、あえてこの場をお借りして一言。

ガンガン撃ってくれ!もっと激しく!遠慮なんかするな!銃口をこっちに向けてくれ!
はい。以上です。


毎度のこと話が脱線気味でございますが、ハッ!っとなった”せぼねさん”が何かに気付きました。
茂みの向こう側になにやら動きを感じ取ったようです。


そうなんです。
慎重派の黄チームがフィールドを大きく回り込んで茂みの濃いルートをねぶってねぶって前進してきているんです。


僕は木の上から高みの見物をキメ込んでいるので双方の動きが分かるんですが、現状ではお互いにお互いを警戒しています。
「何かおる」ってのは分かってるんですが、何人いるのか、どこにどんな陣形で展開しているのか分からず、少しの間硬直状態が続きます。
が……


接敵した瞬間から激しい銃撃戦になりました。
が、何やら様子がおかしいですね。


どうやら砂が噛んで弾上がりしなくなったようです。
マグチェンしても調子が戻らずAKに切り替えていましたが、午前中に僕も全く同じ状態になりましたよ。
ココは砂地が多くって、ゲーム中に結構な距離を進軍すると砂が舞ってエライ事になるんです。
銃も装備も砂だらけになります。 電動ガンなんて精密部品の集まりなんでゲーム終わりに手入れをしとかないと後後が大変です。。


そんな最中、赤チームのスタート位置からほぼ反対側の地点にひょっこり露西亜兵が現れました。
どうやら正面側から前進している部隊と別れてフィールドを大きく回って黄チームと守備チームの裏どりを企てているようです。
さすがは露西亜の殺し屋、おそろ……


そして静かに構えて「получить!」(もらった!)っと引き金を引く!
いやぁーーー、モシンナガン。 美しいですなぁ。。


直後に結構離れた位置から「ヒットォ~」とコールが上がります。
カメラに気付いてメッッチャこっちに親指を立ててきやがります。 分かってますよ。 気っ持ちイイィィィッ!よね。


不意に攻撃を受けて攻撃側、守備側ともに場が乱れた瞬間にダッシュ四駆郎…じゃなかった。 緋色さんがモーレツ★ダッシュをキメます!
彼がどのくらいモーレツ★ダッシュ族なのかは砂煙が物語っております。
もぅラガーマンになれば良いのに。どすこーーーいって。


そしてガキ大将のように「うぃ~~~!」とフラッグをGetして試合終了です。

しっかし、あの慎重派の黄チーム内にダッシュ四駆郎が混じっているとは思いませんでした。
予想外な動きもありましたが、終始動きがあって楽しいゲーム内容でした。


試合終了後にゲーム中から気になってた銃があったので撮らせてもらいました。
そう!マルイの電動UZIです!
個人的にUZI独特の”ぶっきらぼう”な感じが大好きなんです!
しかも今は生産されてないマルイの電動UZIですよ。 生産されてないってのはホントに残念でならんです。
設計は古いですし、なにかとトラブルも発生しやすい機種との事ですが、持ち主の”愛”によって現役で戦ってます。
この個体は”何かのレイルハンドガード”を切った貼ったで移植して、そこにフォアグリップを取り付けてあったり、全体のフォルムに合わせた適度なボリュームのあるサプレッサーを搭載したりしています。
アッパーにはオープンタイプのドットサイトを載せて実戦的に、しかも現代風にアレンジされています。
僕はこう言った”愛を感じられるカスタム”が大好きです!


気になる銃と言えばもう一本。
ヤツの。ジョニーさんのモシンナガンですよ。

ヤツはよくロシア語を口走ります。
もの凄ッく偏ったヤツを。
たぶん「弾をくれ!」とか「後退する者は射殺する!」とか叫んでるんでしょうが、僕を含め大体のヤツらが理解していません。
ただ一つ分かってるのは「あぁ。ジョニーさんがノッてるわ。」くらいなのであります。
そんなジョニーさんのモシンナガンを見せてもらいました。


高級品。KTWでございます。
さすがに仕上げが美しいですね。まじで。
銃床はクルミ材でオイル仕上げとのこと。 金属パーツの表面処理と相まって雰囲気がバツグンに良いです。
スコープに至ってはホヤのレンズを使ったブッシュネル製の4倍ですよ。
そりゃーお高いんでしょ?

はい。146.000円(税別)でございます。
エアガンもこの位になってくると、分割で支払いたくなりますね。。。


しっかし今日もキッチリとシャレこんでますね。
「撮らせて」と言って、なぜこのポージングでキメたのか、僕にはわかりませんが。

こつこつと装備品を集めていくそうです。
僕は実軍についてはさほど詳しくないんで、何が何に使われるのか良く分かんないですが、装備が揃うと雰囲気がグッと良くなりますね。
ちなみにこのヘルメットはロシア軍装備で良く見かけるヤツですね。

肩からタスキ掛けにしてる布状の物って何なんでしょうね?
聞くの忘れちゃったんですが、もしかしたらロシア軍装備で見かけるマントみたいなヤツを丸めてるんでしょうか?
使わない時ってこんな風に身に着けておくんですかね?
今度聞いとこっと。

僕が気に入ってるのは、このカワイらしいポーチです。
本来はモシンナガンの弾倉(クリップ止めのヤツ)を収納しておくマグポーチみたいなモンらしいです。
中を開けてみると、片方にはちゃんとダミーカートが入ってて、もう片方にはイチゴミルクキャンディが入っていました。

こどもかよ。


イベント終了後に残ったメンバーで焼き肉を食べに行きました。
僕は前日に焼き肉を食べに行ったばかりでしたが…。
サバゲーで体力ゲージを空にした状態なら立て続けでも焼き肉を貪り喰えるのです!

写真を撮ろうとスマホを向けるとエビスさんが何故にかキメ顔してきます。
ミョーにテンションが上がっています。
いつも冷静なエビスさんの様子がおかしいので聞いてみると「焼き肉久しぶりやし、なんか良いじゃん。」と。。

こどもかよ。


年末でごった返してると思ってたんですが、タイミング良くダイナミック入店をキメれたので以外とすんなり席につく事ができました。
天山閣で肉を貪り喰らったんですが、最近の食べ放題ってホント美味しくなりましたね。

2015年を締めくくる写真が、はたしてこれで良いものか些か不安ではありますが、徳島サバコミュのメンバーはみんなこんなもんです。
今年の1月からコミュニティに参加して、早いもんで1年が過ぎようとしています。
楽しいメンバーに恵まれて、ホントに充実した1年を送る事ができました!
来年は来年で、また新しい事にも挑戦していこうと思います!

今回も最後まで読んでくれてる方がいらっしゃったら、本当にありがとうございます!
それでは皆様、よいお年を!

  
  • LINEで送る

Posted by ワラビー at 14:32Comments(1)★TSC 徳島サバコミュ