QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
ワラビー
ワラビー
四国は徳島県でサバイバルゲームを楽しんでいる元少年です。
根っからの”クルマ好き”ですが、ひょんな事から週末コンバットに目覚めてしまい、そこからは”やや”暴走気味のダメな大人の良い見本です。
楽しいコトが大好きで、メカメカしいモノも大好きな脳内年齢が6歳程度の人間ですので、文面に大変お見苦しい所もあると思いますが、暖かい目で見てやってください。

2017年05月31日

徳島サバコミュ:ぼくらの いきいき長生きゲーム

こんちは!ワラビーです。
ゴールデンウィークもすっかり過ぎて足早に夏の賑やかさが訪れる今日この頃。 いかがお過ごしでしょーか?
イイ大人(おさーん)でありながら中学生以上に毎日忙しく遊び回っているボクですが、いかんせん夏を前にして身体の疲れが取れません。。
あらやだ、歳かしら?

まぁまぁ、それはさて置き。
ゴールデンウィーク中はイベント事が目白押しであった訳ですが、今回のイベントはゴールデンウィークよりももっと前、4月前半のイベントです!
なんやかんやで結構前に遡っての記事にはなるんですが、イベントが続くと中々ブログを更新できずにいたりします。
月~土曜 = 朝から夕方まで仕事、その後 遊ぶ。
 日曜 = 朝から晩まで 遊ぶ。
 結果 = 寝る時以外は家に居ない。
になる訳で…。 余りにも家にいないもんだから、気付いたらスマホのバッテリーが切れてたりします。
そんなダメ人間ではありまりますが、GW中のイベントも”写真の撮り貯め”があるもんで、早いトコ記事にしておかねば!!


今回のイベントは久方ぶりの僕が”イベント主”です。
徳島サバイバルゲームコミュニティではコミュ内の誰でも”イベントを企画・立ち上げ”する事ができます。
それぞれ”やりたいゲーム内容や方向性”が違ったりするんでmixiを媒体にして情報交換を行ったり、イベントへの参加表明を行ったりしています。
詳しくはコチラを 

さてさて、僕がサバゲーを始めて早いモンで2年が過ぎました。
毎週のようにゲームに参加し、数々の戦場を駆け抜けて経験値をしこたま貯め込んでるワケですよ。
ところがです、、ところがどっこいですよ。
経験値はゴリゴリに貯め込んでるワリに未だ”LV2”。 チヨッチヨのひよっこです。。
更にはソッコーでHITを頂く”キャラ”に磨きがかかり、ゲーム開始直後からセーフティへ戻る習性は更なる高みを見せ、誰よりも早くセーフティへ戻り、皆(の荷物)を見守る守護神的な存在である事から”セーフティの横綱”としてゲーム終了後に戻って来たメンバーに畏怖の念を抱かせるに至ります。
また”被弾のプロフェッショナル”とも恐れられ、”誰よりも鮮やかに華やかに、そして誰よりも速やかに被弾”してセーフティエリアへ戻る事ができます。
被弾してセーフティーに戻って来た際には「ふう。今回はセレクターが”セーフティー固定”で済んだわ(笑)……。」って事があります。
一味違います、”被弾のプロフェッショナル”は。
「うわぁ~ 今回は一発も撃たんかったわぁ~(笑)」なんつー青二才な事でキャッキャウフフしませんから。
次元が違うのだよ、次元が。

ま、そんな僕ですが、やっぱ思う存分ゲームへ参加したいワケですよ。 当たり前ですが。
「いのちをたいせつに」をコマンド入力すれば良いだけの話ですが、おもしろくないでしょ?それだけじゃ。
僕は”ホットゾーン”が大好きです! 激しく行き交うBB弾を眺めて「どれに当たろうかしら?」なんて考えるのが好きだったりします。
それでも、そんな”ホットゾーン”ばかり追いかけてると「被弾確率」がグーーーンと上がり、結果として”セーフティの横綱”に行きつくワケです。
じゃあどうすれば良いか?
簡単な事です。 サバゲーは老若男女万人に愛されるべくして生まれたゲーム
なので ”メディック有り” と ”リスポーン有り”
二つの魔法のエッセンスを注ぐだけ。 それだけで万事解決!

今回のゲームイベントはそんな”メディック”と”リスポーン”要素を注入したゲーム内容を集め、”半強制的に長生きさせて戦わせる”を目的としたイベントなのです!
「あれ?以前にも同じ感じのイベント立ててなかったっけ?」はこの際置いておきましょう。
”被弾のプロフェッショナル”を前にそれは愚問というものです。


「”メディック”と”リスポーン”要素を注入したゲーム」つっても、カンタンじゃ無いのが”ゲーム内容の選択”です。
例えば「殲滅戦」に”リスポーン要素”を注入したと仮定しましょう。
……。   ま、アレだ、その… ご想像通りです。 
ただただ不毛な戦いを延々と繰り返すだけです。
では”メディック要素”を…  
何か少しだけマシになった”気”はするかもしれますが、目的が「メディックを先に倒す」事にすり替わっただけでゲームの”達成目的”がハッキリしない不毛な戦いになるのは変わりありません。
「じゃぁフラッグ戦に… 」   もはや結果は同じになるはずです。

要するに 「なぜ”メディック”や”リスポーン”が必要になるのか?」 そこから考えないと”ただただ延命させられる、目的の無い戦い”になってしまうんです。
”交戦機会が増える”って事だけを目的とするならソレでも良いのかもしれませんが、少なくとも僕は”交戦目的”がハッキリしていて、目的・目標を達成する為に、己のHP(ヒットポイント)をサクリファイスして果敢に挑み続けるのが好きなんですよ。
僕に限らず”目的”がハッキリすると誰しもソレを達成する為に ”挑戦的になる” = ”激しい攻防・巧な戦略” に繋がると思うんですよね。


ま、ウダウダと言葉で説明しても上手い事まとまらないんで、とりあえずイベント日に行った色んなゲームの中から
”ポリタンク 押し込み戦”
を取り上げたいと思います!


「ポリタンク押し込み戦」
ルールはカンタン!
みんなが愛して止まないポリタンクを自チーム陣地よりも”相手側”に押し込んだ方が勝ち!
①フィールド中央にフラッグとポリタンクを設置
②フラッグを中心としてセンターライン(が有るものとして脳内補完の事)を設け、赤・黄チーム共々左右に分かれる
③中央より徒歩で2分歩き、スタート位置(リスポーン位置)を設定する
④ゲーム開始を合図に両チームとも中央のポリタンクを奪い合い、”センターよりも相手側陣地”に文字通り”押し込む”
⑤ポリタンクは必ず”生存者が持って”運ぶ事とし、被弾した際はその場に置く ※投げるのダメ!ゼッタイ!
⑥ゲーム時間内はポリタンクを自由に動かす事ができるため自陣地側に押し込まれたとしても、戦況を打開し押し返す事も可能
⑦最終的に相手側陣地にポリタンクを設置できていた方のチームが勝ち
●今回は”リスポーン可”なので、被弾した際にはスタート地点に戻って復活する事ができます。
●ポリタンクは”投げる・蹴る”等での運搬は一切禁止。 また”隠す”など、スポーツマンシップに反する行為は認めません。

要するにゲーム終了時点でどちらの陣地側にポリタンクが設置されているかによって勝敗を決する訳です!
このゲームの良いトコロは通常の”フラッグ・コンクエスト戦”と違い、双方が奪い合うフラッグが”動く・動かせる”と言う点です。
状況に応じて戦線の位置が変わってきますし、勝利の為には必ず”敵陣を突っ切る”行為が必要となってくる為にチーム内でのコンビネーションが必要になってきます。
動き方としてはサッカーに似ているかもしれませんね。
もちろん”敵陣を突っ切る”行為が伴うので死屍累々してきます。 なのでリスポーンが”必要になる”っていう算段です。
ホント上手い事考えられたゲームですよ。
無論、考える事が苦手な僕が考えたゲームって訳じゃないですけどね!

いつもイベントでゲーム内容を選定する時は”サバコミュ・ゲームバリエーション・データベース”ってのを参考にしています。
サバコミュのホームページを作る時にメンバーのエビスさんが”サバイバルゲームをより楽しく遊ぶために”ゲームの遊び方や要点を上手い事まとめたサイトなんですが、イベントを企画する時はいつも頼りにしてたりするんです。
今回の”ポリタンク押し込み戦”以外にも楽しいゲームが色々載ってますんで、興味が沸いたら是非見てみてください!


さてさて、無駄にクソなげーゲーム説明はとりあえず終わりです!
やっとゲームが開始です。
いつもゲーム中の写真を撮る時に僕はケッコー動きまわるんですが、今回はゲーム内容が伝わりにくいのでセンター位置から少し離れた位置に陣取って望遠レンズで頑張ります!
構図的には写真の右手側から赤チームが、左手側から黄チームが攻めてきます。
常に一点に立ってますんで「位置的な動きとか、戦況の移り変わりが伝わればなぁ~」 なんて思ってはたんですが……。
さてさてどうなるものか。

開始直後そっこーでエビスさんが中央付近に現れました。
ポリタンクまで少しの距離ですが、手を出さず伏せています。
何故でしょう?


そう。 理由はカンタン。
黄チームもスグそこまで来ています。 闇雲に突っ込んで速攻をかけても援護が一切期待できない状況だと返り討ちに合って押し返されるだけだからですね。
さすがに弁えてます。


赤チームの配置が完了するまで黄チームをポリタンクに近づけないようにする作戦のようです。
状況が整うまでエビスさんの牽制射撃が続きます。


そうこうしてると何処からともなくジョニーさんが這い出てきました!
相変わらずこの人の登場は突然で、動き方がエキセントリックです。

そしてこの時、僕はカメラを構えつつ、言い知れぬ”違和感”を抱いていたのです…。


この日、イベントに初参加してくれた”たくやさん”。
ええ。 赤チームにも関わらず銃口が向かって右側を向いてますよね。
これはつまりカメラを構える僕の背後にも黄チームがいて、”僕を中央に置いて殺りあってる”って事を意味します。
いやぁ~~、フラッグ位置(中央・中心)から十分に距離を置いてスタンバってたんで”すべての戦況をカメラに収めれる”って算段だったんですが、思いのほか戦線が長くなっちまって、僕の背後は写真に収めれませんでしたよ。。。

ちなみにこの時は僕の近くを「ヒュンヒュン」いいながら弾が飛び交っています。
ゲーム中の撮影もそれなりに回数をこなしてきたんで、もう慣れましたけどね。


状況を確認しつつ味方に合図を送るエビスさん。
………。

でも何か違う。
何て言うか…
その……
欲しいのはこんな画じゃないんだよ。

そう。 僕が抱いていた”言い知れぬ違和感”。 それは
画が地味。
という事。
動きが… 動きが欲しい!!


直後に”動き”がありました。
匍匐でね!!
ありがとうよ!
ようやく”動き”のある画が撮れたよ!
しかも”ポリタンク押し込み戦”の醍醐味、ポリタンクを持って疾走する画!
相変わらず地味な画をありがとう!
ハハハッ!たまんねぇーな、こりゃぁ!


どこまで行くねぇーーーーーーん!!
僕はゲーム前に言ったハズだ。 「ゲームの写真撮るけん、ムネアツ展開のヤツ頼むわ!」 と。。
その答えがコレか!?

遠慮なく匍匐で突き進むジョニーさん。
突然突き付けられた絶望に、もはやピントすら合わせれてない僕。
そして味方の牽制射撃に気を取られジョニーさんがポリタンク握りしめて雑巾掛けしている事に気付いていない黄チーム。。
更に更に被弾する事なく、ある程度の距離を稼いだ所にポリタンクを押し込んで匍匐でセンター付近に戻り陣取るジョニオ。。



結果的に完全に抑え込まれてしまった黄チーム。。
更に防御を固める赤チーム。。
む、むぅ。
このゲームで珍しく膠着しちまったぜ。
ゲームに参加して銃を構えてるメンバーより、カメラを構えてファインダーを覗く僕の方が変な焦りを覚えるこの状況。


まぁ3000里は無いにしろ(見りゃ判るわ)、この激戦区間においては結構な距離。
センター付近に押し返すにもかなり苦戦を強いられそうです。


状況を打開すべく、中距離をコツコツする緋色さん。
ガッチガチに守りを固めてる赤チームに対し、少しでも付け入るスキを作るべく激しくプッシングします。

そんな時に赤チーム側からヒットコールが……!


ザマァーーーーーーー!
ヒットコールを上げたのは先ほど見事な雑巾掛けを披露してくれたジョニーさん。
リスポーンの為に一時的に戦線を離れスタート地点に戻ります。
鉄壁に思われた防御陣形が突如崩れます!


慌てて防衛ラインを再構築すべく、赤チームが慌ただしくなりました。
ですが勢いづいた黄チームの激しいプッシングがはじまります!

被弾してもリスポーンできますが、ココはスタート地点から2分程離れた位置。
歩いてスタート地点に戻るのに2分。 復活して前線に戻るのにダッシュしたとしても1分程かかります。
つまり、一度空いてしまった防御の穴を塞ぐのに3分程かかってしまうんです!


突如崩れた防御陣形に、キツネリス(ナウシカの肩のヤツ)の様に怯えるエヴァン・ゲリス。
そして怯える眼(まなこ)を撮影し続ける銃に取り付けられたアクションカム。

でもエビスさん、やっぱ何か違うよ。
コレじゃない。
違うよ、違う。
僕が欲しいのはこんな画じゃない。


赤チームの崩れた防御陣形を見て一気に押し返す計画を考える緋色さん。
少し”悪い顔”してるようにも見えます。
でも猶予はあまりありません!


もう後方に先ほどバシルーラしたジョニーさんが復活を果たして戻ってきています!
依然として赤チーム側が押される形となっていますが、徐々に陣形を固めてきています。


そう、機は熟した感がありますよ!
攻め込むなら今しかありません!
胸熱展開を… 胸熱展開を激しく希望します!!!


行くんけ!? 緋色さん、行くんけ!?
溜まりに溜まったフラストレーションに僕の方が気合い入ってます!

ほえろ! 緋色! ほえるんや!!


これじゃぁーーーーーーーーーーー!!
タイミングを見計らって走り出す緋色さん!
片手にはポリタンクが確かに握られています!!

つっこみ所を見失いましたが、もう片方の手には無駄にハデなP90が握られてますが……。
以前僕が「なんで赤色に塗ったん?」って緋色さんに聞くと、
「これ赤ちゃうで。 緋色やで。」と真顔で返ってきました。
僕はそれ以上の言葉を失いました。
なので”何故その緋色に塗装したのか?”は依然として不明なままです。


でもね、でもね! 僕が欲しかった画はコレなのよ!
そうそう、ホント分かってらっしゃる。緋色さん。  あなた、ホントにステキよ!


もぅね、緋色(ひいろ)改めヒーローですよ。 まじで。
やっぱこうでなくっちゃ!

味方からの援護射撃も手伝って、グングンポリタンクを押し返します!


凄まじいダッシュ力! 履いとるクツは”アキレス俊足”なんやなかろうかと、つい考えちまうくらい見事なダッシュ!
なんつー健康的な画なんだ!

ちなみに写真が全然寄れてないですが、これはフラッグとポリタンクとヒーローを無理にでも収めたかったが為の苦肉の策なのでお許しを!
でもこの時は事前に連写モードに切り替えてたんで、このシーンだけで40枚くらいシャッター切ってます!


しかし遂に被弾!
でも結構な距離を稼ぎました! どちらのチームが勝つにしろ、良い感じの展開になってきましたよ!


これも味方のサポートがあってこそ成せる戦法です。
いくら個人戦闘力が高くても、ポリタン抱えて敵陣つっきっても結果は知れてますからね。
さらに言うとサポート側がこの後も引き続き防御に回らないと一瞬でポリタンクが押し返されるワケですから。
ホントにコンビネーションが重要になるゲームです。

そしてフィールドの空気が熱を帯びてきましたよ!
この後の展開にも期待できそうです!!


っと気合いの入った走りを見せるジョニーさん!
ポリタンク目がけて一気に距離を詰めて行きます!
一時的に崩れてしまった陣形も何とか立て直す事ができ、反撃の機会が訪れます。
っけぇぇぇぇええ! ジョニィィィーーーッ!!

血で血を洗うまるで騎馬戦のような”胸アツ展開”、期待してますからね!!


オイッ!!


ィィィィィァァァァァァァァァァァアアッッ!!
だから ちっがぁーーーーうッ!
僕が欲しいのは”激しいヤツ”! 誰が”しっとりしたヤツ”をリクエストしたと言うのだね!?


しかも前半に見せたポリタンク運搬より完成度が高くなってるし…。

そして”進撃の雑巾”はゲーム終了まで止むことがありませんでしたとさ。。
めでたしめでたし……。

うーーーーん。 まんだむ。
そして、さよならいおん。


さてさて、午前中のゲームを消化してお昼ご飯です。
いつもはコンビニとかで事前に買っておいたお弁当とかで軽く済ませる人が多いんですが、中には現場で調理を始めるヤツもいたりするワケで。
今回も軽いピクニック空間が発生していたんで覗いてみると……


肉焼いとるし。
あらやだ、おいしそう。 毎度少数のピクニッカーが”だんらん”を始めるんですが、今回は食材多いなぁ~~。
焼いたり、炊いたり、盛り付けたり。
せっかく休みの日に集まったんだから、精一杯楽しまないとね♪
今回の”料理長”はよっさん。 強面ながら実は優しい良いヤツ。
毎年やってるBBQイベントにも尽力してくれて助かってます!


っとまぁ、相変わらず無駄に長い記事になりましたが、いかがだったでしょうか?
リスポーン有りのゲームや、メディック有りでのゲームばかりで体力はゴリゴリに使いましたが、丁度良い気温の時にガッツりデイゲームを楽しむ事ができました!
これから増々暑くなってきて、サバゲーを楽しむにも体力を使うシーズンになりますが、暑くなり過ぎたなら夜戦を中心に切り替えていくのも良いですよね!
ほんとにサバゲーの楽しみ方は無限大です!!

今回も最後まで読んで頂き、ほんとにありがとうございます!
それではまた!!

  
  • LINEで送る

Posted by ワラビー at 17:43Comments(0)★TSC 徳島サバコミュ